訪問看護をしていると終末期を在宅で過ごす方に沢山出会います。受け入れてくれる家族がいるって幸せですね。在宅医療はまだまだ認知が足りずに嫌煙される傾向にあります。

病気や障害をもち、療養しながら家庭で生活されている方がいますよね。

 

訪問看護の仕事をしていると、在宅で過ごされる患者さんにも様々な社会背景があることがわかりますね(´・Д・)」

 

訪問看護師は、主治医の指示に従い他職種と連携しながら、在宅で医療を必要とする方を訪問する仕事です。

 

訪問看護の対象になる患者さんは、赤ちゃんから高齢者まで全ての方が対象です。

 

長患いで自宅で医療を受けている方の中には、終末期にある方も多くいます。

 

終末期を在宅で過ごすのは、患者さんにとってとても幸せなことですよね。

 

やはり、住み慣れた自宅で最期の時を過ごせることで、患者さんは自分らしい生活を送ることが出来ますよね(*^_^*)

 

最期の時を大切な家族と過ごせるということは、入院生活を送るよりも有意義な時間を過ごす事が出来ます。

 

しかし、そういった状態の患者さんを在宅で看る家族の覚悟はよほどですよね(・_・;

 

昔と違い、在宅で家族を看取る習慣のない現在、家族の抵抗って結構大きいですよね。

 

まして、医療を必要とした状態の患者さんですから、医療従事者ではない家族が看病をするというのは、肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。

 

訪問看護をしていると、在宅看護を必要としている患者さんの家族は、とてもよく勉強をしていて、看護師以上に知識を身につけている家族も沢山いることに驚かされますね(^o^)

 

在宅で看護を受けるには、家族の協力は不可欠です。

 

やはり、在宅で看護をすることに抵抗のある家族もいて、在宅医療に対する知識が少なく嫌煙されがちです( ;´Д`)

 

在宅に戻りたくても、戻ることの出来ない患者さんも病院には沢山いますよね。

 

もっと在宅医療に対する知識を普及させていく必要がありますね(´・Д・)」

看護師をしていても我が子の病気にはドキドキしてしまいます

「お母さんが看護師さんだと安心ね?。」
って、よく保育園のママ友さんたちに言われるのですが…。

 

やはり、世間一般的に看護師は、病気に対する知識があるから、我が子の病気にも冷静に対処出来ると思われがちですね。

 

たしかに、病院では患者さんの急変にも冷静に対応できます。

 

患者さんに対しては、看護師らしく対処できますし、慌てふためくなんてことはありません。

 

しかし、我が子が急にグッタリしたりすると、とても不安になってしまいます( ;´Д`)

 

うちの子供は、高熱になると熱性痙攣を起こすのですが、真っ青になって白眼を剥いて痙攣する姿は、私も冷静さを失いますね。

 

初めて熱性痙攣を目の当たりにした時は、思わず救急車を呼んでしまいました(;´Д`A

 

独身の頃は、そんな母親をみて、もっと冷静になったらいいのに…なんて思っていましたが、実際に経験してみて、そのお母さんの気持ちがわかりました(;´Д`A

 

うちの子供は、喘息持ちで季節の変わり目など、喘息が酷くなりやすく、何日も夜眠れないほど発作が続きます。

 

一晩中、咳き込み息苦しそうで、高熱も出しグッタリしてくると、可哀想で仕方ありません…>_<…

 

あまりに発作が酷いと、呼吸困難で死んでしまうのではないかと、一晩中目が離せません。

 

あまりに辛そうで、夜中に病院に駆け込むこともしょっちゅうありました。

 

姑にも、看護師なんだからもっと落ち着きなさいと注意されますが、すぐにアタフタしてしまいます。

 

もっと母親らしく、看護師らしく冷静に落ち着いて…と思うのですが、やはり悪いことばかり想像してしまい冷静ではいられませんね(T ^ T)

 

看護師でなくても、もっと落ち着いてしっかりしているお母さんたちをみていると、もっとしっかりしなくちゃ…って思いますね(;´Д`A。

医療者が中心の医療。患者さんや家族が中心の医療が訪れるのはまだ先なのか・・・。苦しい治療や最新の治療ばかりがもてはやされるのはどうかと思う・・・。

私は病院の外来で働いていますが、医療の在り方に納得できないと思う事が沢山あります。
大学病院など、大規模な病院は、高度な医療施設が整っているので、重症度の高い患者さんが沢山訪れています。
確かに、医療技術が進歩していますから、患者さんにとっては最高の治療を受ける事ができると思います。
でも、どうも医療者が中心になっている感じがするんです。

 

患者さんは、体調不良を訴えて病院に来ています。
でも、大きな病院ほど待ち時間がかなり長く、一日がかりになる事も少なくありません。
そして、やっと診察してもらう事ができても、診察時間はほんの5分程度です。
ドクターから病名を告げられて、治療方針を説明されて、患者さんの訴えを聞く、という事があまりないように思えます。
一方的に治療方針を説明されて、医療について詳しくない患者さんは、
ただイエスと言うしかないような状態だと思いませんか?
たとえば、意見を言ったとしても、面倒くさそうな顔をされる事も多く、質問に対して、
納得できる説明をしてもらう事ができません。

 

もちろん、ドクターは治療する事に自信を持っているから、強い事も言えるのかもしれませんが、たとえ最新の治療であっても、
苦痛を伴うのは患者さんです。
それに、最新の治療が、患者さんにとって最良になるとは限りません。
患者さんや家族の意思が尊重されるような、患者さんや家族が中心の医療というのが、一番理想的だと思いませんか?
患者さんが寝たきりの場合には、意思を伝える事もできませんから、家族の意向がとても大切になります。
患者さんや家族が中心の理想的な医療が、一日も早く訪れる事を願っています。
そうなる事で、患者さんに合った治療が行われるのだと思います。